光 と 風 の ハーモ二ー  ~ 草木染 ・ 彩土染 による 作品制作  / 緒方義彦 の 制作ブログ
by sarasa_zome
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
染めの楽しみ
伝言
日々の気づき
印象
imagine
ru-pa
peace
psyche
pneuma
pastorale
広場から~
ゆめのかけら
緒方義彦 染色ブログ
佐賀県武雄市にて染色作品を
制作しています。


お気に入りブログ
a doll「陶人形舎の...
湯元荘 東洋館
山閑人 cafe sa...
以前の記事
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2007年 10月
2007年 08月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


鍋野和紙の収穫祭へ

f0146802_2125491.jpg
f0146802_21294260.jpg
f0146802_21303070.jpg

                                    2012 1・9 pm11:25
                                     手漉き・鍋野和紙工房

  今年も 佐賀県嬉野市鍋野の和紙工房を 訪ねる~

  ここにも 日本の原風景が 残っています 
  とても穏やかで
  陽が集まるところでもありますね~

  さて写真は収穫された和紙の原料~楮(こうぞ)を 熱湯で煮出した後 
  
  樹皮をはがし風にさらした背景です~

  復興して14年の月日が流れているそうです・・

  鍋野手漉き和紙保存会の手漉き和紙の職人さん~
  西野さん岸川さんの方々を代表に・・・ごくろうさんです~!

  後継者が 出て来てくれることを 胸に秘めて・・・

ところで ここで・ビックリした事がありました 
15年ほど昔に 知り合っていた方が
なんと 3年前から 鍋野の収穫祭にみえていらっしゃったそうで・・
当日 私が到着して工房より公民館へと とぼとぼあるいていたら
お声を かけていただきまして・・? 
おおたまがりの私で ありました・・~!
優和恵さん という県外の方で 
鍋野の和紙に心・言葉を お書きになる書家として御活躍されているようです。
ご両親さまと訪ねて みえてたばかりだったようでした~
偶然と、おもえる・・その出会いも すべて 人様との繋がりから・・・ 
また おもむろに自らが  めざす未来への願いとか夢が・・叶うように 
自分で見つけて歩む道は けわしそうでも
コツコツ コツコツ 進んでいると
どこかで なにか が 伝わって行くような ことが、有るんですね。。。
あたりまえでなくって・ありがたき・事 
縁は不思議なものとして~♪



私は ここ数年~鍋野の和紙を使わせていただいております。 

和紙はさまざまな使い方ができるわけですが
私は 伝統の型染の技法で 和紙に型紙を使って
さまざまな模様や絵を 
草木で作った絵の具や、土や、日本画などで彩色する顔彩で
和紙染め・和紙型絵染めを ささやかにでは ありますが
作り手の 手が お顔が 見えてくる鍋野の和紙を
これからも 譲って頂き、和紙染も布染めと同じく 
さらに、つづけていこうと 思っています。



  2012
  1・10
f0146802_1957795.jpg

[PR]
by sarasa_zome | 2012-01-10 21:00 | 広場から~
<< Kokoni & Sokoni うれしいしらせ >>