光 と 風 の ハーモ二ー  ~ 草木染 ・ 彩土染 による 作品制作  / 緒方義彦 の 制作ブログ
by sarasa_zome
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
染めの楽しみ
伝言
日々の気づき
印象
imagine
ru-pa
peace
psyche
pneuma
pastorale
広場から~
ゆめのかけら
緒方義彦 染色ブログ
佐賀県武雄市にて染色作品を
制作しています。


お気に入りブログ
a doll「陶人形舎の...
湯元荘 東洋館
山閑人 cafe sa...
以前の記事
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2007年 10月
2007年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

10x モロコシdance ?

f0146802_21273930.jpg

     Taraー tyou no deko-san yori itadaki-masita!
     yawarakaku oisii desu ne ~!
     toumorokosi-dance   ・ /  ・  2009  6/10

    玉葱(たまねぎ) に似た?? 
    こども でも!
    白いオヒゲノ玉蜀黍(トウモロコシ)のダンス?
f0146802_2322730.jpg

    踊り疲れて 更に おさらに おさまって、、、。       6/11 記
[PR]
by sarasa_zome | 2009-06-10 21:30 | 印象

もとはそらいろ?

f0146802_10282372.jpg


たで藍の葉の、一番刈り ~ このまま染料にして シルクに染めることができますが、
                   私は、今回は、乾燥させて 二番刈りと共に
                   染料にしようと思い 
                   短期的に保存しておきます。

                               ドクダミ草を背景に 2009 6・8
                  
                   
   たまたまNHKのラジオ第1放送にて(本日 6月9日) 
   四国の松山では 藍の染料の材料の収穫分類をするために 
   扇風機を使用して 茎と葉にわける作業
   あいこなし が はじまり  8月末迄続く と 放送されてました。
   重さは 乾燥してやく二十分の一にまでなるそうですが、、。
   夏の陽射しを浴びて たくさんの水を必要とする 
   藍が育ってゆく期間ですね。
   本日より九州も 梅雨入りです。 
           
   田植え唄がきこえてきますでしょうか~             追記 6・9
[PR]
by sarasa_zome | 2009-06-08 09:00 | 染めの楽しみ

風に感じて~風をおもう~

  梅雨入り前木綿布に 下呉を完了させたところです。
  生の大豆の豆乳液を 刷毛で 呉引きを丁寧にします。
  新しい大豆を あらかじめ水でふやかして おき 
  3倍程度に膨らんだら
  ミキサーで砕いて 豆乳をつくります。
  市販の豆乳よりやや薄めです。
  この呉引き~
  おもに滲み止めを中心に
  効果絶大です。
  染めの工程では 大切な仕事なんです。

  乾くと ともに 大豆のいい香りがして来るんです~。 

   
f0146802_15511923.jpg


     ~シルクの来た道~コットンの来た道 その 香りを、風に 感じて~
      風をおもう~                       2009   6/6
[PR]
by sarasa_zome | 2009-06-06 20:00 | 染めの楽しみ

雨と雨の間に

f0146802_15394621.jpg

     kasi・tyousei-dokoro
小雨もあがり 大宰府の藤丸氏のお玄関で ご主人を お待ちしている間のディテール
f0146802_15395878.jpg

                             2009   6/3 pm1:40
f0146802_15482374.jpg


  大宰府の恵比寿さんは 
  雨に打たれないように 
  大切に、、やぐらの中で、、、、、               2009  6/3
f0146802_13283728.jpg

[PR]
by sarasa_zome | 2009-06-04 12:40 | 印象

ザクロ花咲く樹の下で

f0146802_8305271.jpg

先月 中国~西安の延々とつづく柘榴(ざくろ)畑を目に 
ため息が出た事を想いだしています。 

美しい朱の花 ザクロ~中国の詩人  王安石が 詠んだ詩、に。。。。

            万緑 叢中 紅一点 


花言葉は円熟の美、 子孫の守護、
ザクロの実花、絵を飾ると子宝に恵まれるという
言い伝えまであるというそうですが、、、。     
イギリスでは、 馬鹿という 花言葉を もらってますね、、、
なんででしょう??

このわたしは、 イギリスでいう 
 Ommadawn  
なのかもしれませんね。

何本も 植えてるんですから、、、笑


宝石ガーネット(柘榴石の名を持つ)は
色も形も熟成したザクロの実の中の種子にそッくりですね~!


 
f0146802_8425840.jpg


10月~台風に負けなかった 実が大きくなって
いよいよ収穫です!
ガーネット色にそっくりな 種子を 収穫して 凍らせると 。。。。と ?
これこそ?
おすすめです!
紅色系のピンク色になって 
ヨーグルトにのせると とても 美しくって美味しいです~。

果実の成分 ~ ザクロエン酸は 一種のクエン酸~ 
           乾燥地帯のシルクロードでは 欠かせない飲み物になるんですね! 

   2009 5/26     武雄にて
[PR]
by sarasa_zome | 2009-06-03 08:30 | 染めの楽しみ

柘榴の花の樹の下で

f0146802_1303066.jpg


琵琶 とか 柘榴など 俗説があって 不思議に思っていたことがありました。

子供の頃 ごく自然に
イチジク   グミ   ビワ  ザクロ  アンズ  ヤマモモ などの 
実を すこしづつでも  よく 食べてました、、、。
kuisinbo~u

さてさて ご存知だと思うのですが、、、、
仏教説話に 子供をさらって食ってしまう、、、
鬼神=可梨帝母が、
世間を混乱させているところ 
自らの子供をさらわれ
怒り狂ったそうで。。。。
そんな鬼神に お釈迦様が ザクロの実を 与えて 
さとしたとか。。。

そ~して
子育ての神=鬼子母神 
に なった そうなんですね。。。
ザクロの味は人なんかとはちがって 
やっぱり ザクロ でしかないんですね~ッ!
トマトはトマト
メロンはメロンであるように。

この写真の花弁は 白と朱色で 珍しいでしょ~?!
そーいえば 
しろーい 白い ザクロの花も ありましたね。


花が咲きすぎると想定やく50%落下して、落花したガクも染料になります。
染色/染織では、おもに落果した実の皮を乾燥させて
必要なとき染料として煮詰めて 糸に 布に染めて使用しますよッ。
おためしになっては いかがでしょう。

中国では 果皮を砂糖漬けを して
食前のおつまみに、してました。 おいしかったです。
ジュースも美味しいですね。

                                 2009  5・26   武雄にて
[PR]
by sarasa_zome | 2009-06-02 07:30 | 染めの楽しみ

ふじ・じょうくう~buji/kaeru

f0146802_13522560.jpg

      5/22日 夕刻 無事に帰る (敦煌→西安→上海→成田→福岡)途中
           おかげさまで 富士さんを 左上空にながめられた。
           ほんのり 夕陽が 射してきてました。
[PR]
by sarasa_zome | 2009-06-01 23:30 | 伝言

◎西安~敦煌への想い

西安~敦煌の旅は 終わりましたが
旅の想いでの 写真の残りを
時間を見つけて  
もう少しだけ投稿 してみるつもりです。
ことばを さがしつつ、、、、
Mr.maekawaさまご夫妻には
この想い出深い7日間の一つ一つのご配慮に
大感謝いたします。 
西安~敦煌への旅は  
まさに 心のシルクロードでした。
また再び 同じ旅のできない貴重な旅でした。
厳しい自然の中で 、今を 生き抜く人々に、、、
すこしでも ふれてみて 
時空を越えた 自分が空っぽになる 旅でありました。
人と人 国と国を 
つなぐ文物/文化の交流の道 
まさに 西の国々と東の国とが交流していた
シルクロード。
温故知新であります。
感謝と感動で、ありました。
特に 敦煌~莫高窟へは、、、
 
またいつの日にか 足を運びたくなったのでした。


未来を 懐かしむように                    y.Ogata

f0146802_2229366.jpg


                   敦煌飛行場から~再び西安へ 2009 5/20
f0146802_19134086.jpg

[PR]
by sarasa_zome | 2009-06-01 23:00 | 伝言

 オアシスで朝食を

f0146802_13113955.jpg
f0146802_1394837.jpg
f0146802_1313947.jpg


朝は すがすがしい 気候でした。
 英・仏の方々。am8:00~  
        
  ~鳴沙山をのぞんで~         敦煌山荘 屋上にて   2009 5/20


f0146802_12301873.jpg


            李英さん   and   Mr.maekawaご夫妻 & y.Ogata
   同 ・ 山荘のロビーにて AM 5/21
[PR]
by sarasa_zome | 2009-06-01 09:00 | 日々の気づき

 ◎陽関 III ~ 静けさの中で~

f0146802_10364474.jpg


   唐時代の詩人  
  
     王翰  の   ~ 涼州詩 ~


   葡萄美酒夜光杯   欲飲琵琶馬上催

   酔臥沙場君莫笑   古来征戦幾人回




昨日この漢詩の訳が 見つかりましたので、、記しました。



  
  遠く西域に 征戦した私は 涼州の特産である葡萄の美酒を
  夜光杯に盛って、 馬上で 琵琶を弾するのを聴きながら
  これを飲んだが、  その余りに 美味なるに心地よくなって
  ついに沙場に酔い倒れてしまった。
  そこで 君は私のこの狂態を 笑って下さるな。
  何故ならば昔からこの辺地に 戦って
  無事に生命を全ふ して故郷の土を踏んだ者が
  はたして幾人あるだろうか。
  明日も知れぬ この身が 一日の歓楽を
  美酒に酔いしれて 臥したからとて
  これは英気を養う 一助とこそなれ
  けっして 咎め立てるほどの事はないと
  思うからである。
             

               参考文献 ~ 訳/ 唐詩選講義/和木清三郎・著~
                              昭和10年 出版本より




  あの!この!途方もなくつづく沙漠を戦場に 征戦として 戦うことは
  命がけであったはずですから、、、ね、、、
  この碑の建てられている
  陽関の場所に 着いてみて
  このわたしにも 少しでも
  解かるように おもいました~
  
  わが国でも  戦国の乱世 だったからこそ
  茶の湯のこころ が、、、

  うまれたんでしょうか、、、

                                 2009  6 / 8  記 
f0146802_19525798.jpg

陽関の碑の側から ~ かなたは タクラマカン沙漠~ 2009  5/ 20
[PR]
by sarasa_zome | 2009-06-01 08:40 | 印象